道の駅 みとみ

20141119-104716.jpg

紅葉を見に秩父に行こうと思い立って、朝早く出発!

中央自動車道を「勝沼IC」で降りて、国道140号をずっと走っていったところにあった道の駅「みとみ」

早朝に訪れたというのもあり、人もまばら。
駐車場もガラガラ。駐車場自体はかなりの広さがあり、混雑時も余裕で入れそうな大きさだった。

早朝過ぎてまだお店が会いてなかったので、特産物の品揃えとかは残念ながら見ていない。
この日の早朝気温が、マイナス1度だったので、ズボンが凍って肌に触れると、ピシリと音が聞こえてきそうなくらいの寒さだった。
車を走らせていると、温度計がマイナス4度なんて箇所もあった。


道路を挟んだ向かいにはキャンプ場があるようで、気になって見ていたのだが、結構道の駅からの視線を感じそうな施設だった。
人の目線が気になって、あまり落ち着いてキャンプ出来ないキャンプ場は、ちょっと嫌だなー。

山梨市三富川浦1822-1

道志の森キャンプ場への訪問 2014/11/2 – 11/3

紅葉がとても綺麗なキャンプ場

20141105-091949.jpg

11月の連休を利用してキャンプ場に行こうと、数週間前から計画を立て出したのだが、急に天候が悪くなりだして、あー今年はキャンプ難しいかなー?なんて思っていた。

本当に数日前や、前週は嘘みたいに晴れていたのに、なんで連休に限って天気悪くなったりするんだろうか?

ここ何年かはキャンプといえば、無印良品のキャンプ場に行っていたのだが、事前予約をして計画しても雨が降ったら台無しなので、予約が要らないフリーサイトのキャンプ場を、候補に考えていたので、朝霧JAM のふもとっぱらか、ゴールデンウイークにフェスをやっている道志の森の2択で考えていたのだが、都心からのアクセスの良さと、せっかくの秋キャンプだから紅葉を楽しみたいなという目論見があったので、道志の森に決めた。




前々から訪れてみたいキャンプ場ではあったが、ゴミが持ち帰りという制度が気に入らず遠慮していたが、いろんな人が絶賛しているのが頷ける素晴らしいキャンプ場だった。

まず季節も良かったのだが、紅葉がめちゃ楽しめた。当然落ち葉もたくさんあって、直火もOK な施設で前の方が残してくださっていたカマドがあったので最後に落ち葉で焼き芋が作れるロケーション。

子連れキャンプに最大のポイントとなるトイレもウォッシュレット付きで非常に綺麗だった。
ただトイレは全面的に改修計画を何年かかけてやっている最中なようで、場所によっては古いやら、ぼっとん便所なのが幾つか見られた。

フリーサイトなので早い者勝ちで場所が決まるため、良い場所は埋まるのが早い。
自分が最初にテントを張ろうとしたところは、景観は良かったがトイレと炊事場が遠いので見送った。本当に子供はトイレが汚いと、この世の終わりか?ってくらいにブーイングをするので見送って正解であった。

管理棟前橋からの紅葉

20141105-091913.jpg

売店は管理棟内にあるが、売っている商品は必要最低限しかなく、品揃えが良いとは言い難い。
マキは雑木と、杉?だったかな?の2種類があり、前者が500円、後者が400円だった。
秋の寒空を楽しむのにはマキ代をケチるところではないので大量に購入。
あとは自宅から持ち込んだ豆炭で暖を取る。
豆炭はコストパフォーマンスもよく、アンカにも入れられるので、この時期は本当に重宝する。

周辺には道の駅どうしがあり、地場野菜が手に入るのと、温泉施設道志の湯があり充実している。夏場ではないので1日くらい風呂に入らなくても不快感はなかったので翌日にお風呂に立ち寄ったが、来客者の何人かはキャンプ場で拝見した方々だったので、みんな考えていることは同じなんだなぁなんて思う。

気になっていたゴミはやはり持ち帰り。ビンカン、燃える、燃えない、生ゴミ全て持ち帰りなのが残念。
その代わりキャンプ場自体の料金は安いんだが、あと500円でも、1000円でも高くて良いからゴミを捨てられるようにしてほしいところ。

それとカメムシが非常に多くカメムシ臭さに辟易してしまった。これは自然の中だから致し方ないが、1匹家まで連れて帰ってしまってちょっぴり、悲しい気持ちになった。全体的には大満足

キャンプ場内にあったMAP

20141105-092000.jpg

 

 

 

その他写真ギャラリーはこちら

 

山梨県南都留郡道志村下善之木10041